2020/10/16
オフィス家具のトレンド2020

以前にオフィスづくりのトレンドを取り上げましたが、オフィスのレイアウトやリノベーションってそれなりに時間や費用がかかるため今すぐできることではありませんよね。
しかしオフィスの家具や照明を変えるだけでも「仕事がはかどるオフィス」「やる気の出るオフィス」に生まれ変わります。
機能性はもちろん、トレンドを取り入れることで
会社の雰囲気はガラッと変わります。

 

>>「2020年最新オフィストレンド」はこちら

 

 

〈仕事がはかどるオフィス家具〉

ブラック塗装家具・・・今までのオフィス家具はホワイトが主流でしたが、最近はカフェをイメージした落ち着きのある色合いの椅子やウッディなものが人気です。
 

スタンディングワーク・・・日本ではデスクワーク時の座りすぎによる身体への負担が問題になっています。
座った姿勢と立った姿勢を交互にとることによって、身体にかかる重さを調節。疲労した筋肉を休ませることで、リフレッシュにも繋がります。
立って仕事をすることでコミュニケーションも活性化します。

 

ブースセパレート・・・何枚か組み合わせることで空間を仕切ってくれる。遮るのではなく、空間を優しく囲ってくれるものが人気。
部屋がなくても置くだけで簡単にミーティングブースやリラックススペースなど様々な空間を作り出すことができます。

 

 

〈空間に価値を与える照明〉

電球の明るさや色味は会社のイメージに視覚的影響を与えます。

 

白熱電球・・・オレンジ色で暖かな雰囲気を演出します。最近はLED電球が普及していますが白熱電球の暖かな灯りは、リラックス効果を生みます。

 

蛍光灯・・・太陽の明るさに近い自然な光色なため作業しやすい昼白色、昼光色などの光を放つため、昔からオフィスでよく使われてきました。
昼光色は青白さのある明るい光で集中力が高まります。今でもオフィスでの電球は棒状タイプの蛍光灯が主流です。

 

LED電球・・・白熱電球や蛍光灯と比べて消費する電力が少なく、寿命も約40,000時間と長寿命なため、使用するエネルギーが抑えられます。
反応性が高いため、スイッチを入れるとすぐに点灯し、エントランスや階段、トイレなどのように頻繁にオン・オフをするような場所に向いています。

 

導入コストではLED電球が最も高いですが電気代は安く持続時間も長いためコストパフォーマンスに優れています。
照明器具の選択は自社の印象づけやデザイン性の向上において重要なポイントになります。

 

 

〈在宅ワークを支える家具〉

パーテーション・・・家でこそパーテーションは効果を発揮します。
リビングで仕事をするとき、オンとオフの切り替えがしやすいからです。仕事がないときはコンパクトにしまえる可動式なものの需要が高いです。
 

ワークチェア・・・長時間座っても疲れにくく自宅のインテリアに馴染むデザインの商品などバリエーションが豊富になっています。

 

 

〈働きやすい環境をつくるために〉

家具ひとつで働き方は改善されます。近年では働き方改革により、社員の健康促進を支援し会社を健康にすることを図る企業が増えてきています。
健康に配慮した家具の導入や、精神的に落ち着いた空間を演出することは業務効率も向上させるでしょう。

今後も長い将来を考えると在宅ワークを取り入れる会社は増えていくでしょう。
自宅でのオンとオフを切り替えられるスペースづくりも今後のワークスタイルにおいての課題となります。
自分らしい働き方に合ったオフィス家具を探してみてはいかがでしょうか。 

 

照明器具もまた社員のワークスペースや会議室、休憩室といったエリアごとの空間分けとして変えることができるひとつのアイデアです。
集中力アップしたい、リラックスできる、人が集まるような活気がある…など目的の印象によって考えてみるのもいいですね。

照明器具なら自宅でも活用しやすいです。自宅で使用するものはデザイン性も重視して探すと家のインテリアに調和しアクセントになります。

 

>>オフィス家具に関するページはこちら

お問い合わせ
メールでのお問い合わせ
ライブオフィスツアー
セミナー
メールマガジン登録